40代から気をつけたい体の悩み

40代夫婦の悩み

 

40代を過ぎると体が思うように動かなかったり、体調が悪くなりがちになってくる方も多いのではないでしょうか。

 

歳を重ねていくと、免疫力がどんどん低下していき、体の不調が起こりやすくなってしまいます。その原因は色々ありますが、一般的に言われているのが食事、運動、睡眠の3種類です。

 

食生活は毎日摂らなければいけないものなので、バランスの悪い食生活をしていたら体調も崩しやすくなってしまいます。運動に関しても体を動かすことで代謝機能がアップし、免疫力アップにも繋がっていきますが、運動不足になってしまうと体の機能もどんどん低下してしまいます。睡眠に関しても運動不足同様、睡眠不足になってしまうことで体調が芳しくないことも起こってしまいます。

 

そうならないためにも、しっかりとこの食事、運動、睡眠は徹底していかなければなりません!

 

今回はその中でも「睡眠」に関して健康に繋がるサポートを徹底解剖していきたいと思います。

 

 

正しく睡眠していないと病気になるリスクが上がってしまう!

ここで質問なのですが、みなさんの睡眠時間は平均でどのくらいでしょうか?

 

2〜3時間、3〜4時間、5〜6時間、7時間以上とありますが、やっぱり一番良い睡眠時間と言えば7時間以上は欲しいところです。

 

仕事や家事などで寝る時間を削らないとプライベートな時間が作れないと言う方もいるでしょう。それで、睡眠時間がどんどん削れていき、結果的に睡眠時間が毎日7時間未満の場合、病気になるリスクが上がってしまう可能性は否定できません!

 

なぜ病気になるリスクが上がってしまうのかと言う理由は「成長ホルモン」が関係していきます。

 

 

成長ホルモンが多く分泌されないと体から悲鳴が!?

体から悲鳴

 

人は寝ている時に「成長ホルモン」と言って、疲労の回復を担ったり、体内に蓄積された脂肪を燃焼させると言った働きを持ったホルモンを分泌させます。

 

この成長ホルモンは寝れば分泌されるのですが、不快眠りになればなるほど多くの成長ホルモンが分泌されていきます。

 

ところが、いつも寝不足で睡眠時間が全くとれていない方はこの成長ホルモンの分泌量は多くありません。そうなると、脂肪の燃焼が上手く行えず、どんどん内脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

 

すると、血管に糖や脂肪がたまり、結果的に糖尿病や高血圧に繋がる可能性も大きくなってしまいます。また、太りやすくなってしまうことで、どうしても腸内環境も悪くなりがちになりますから、免疫力も低下してしまうことにも繋がってしまいます。

 

免疫力が低下してしまうと、体に抵抗する力が弱くなってしまうので、色々な病気にかかりやすくなってしまう原因を作ってしまい、体から悲鳴が聞こえてくるかもしれません。

 

そうならないためにも、正しい(質の良い)睡眠をとって健康的な体をつくることが大切です!

 

 

正しい睡眠をすることでどんな健康に繋がっていくのか?

健康について

 

細胞の新陳代謝を促す

人間の細胞の数はおよそ60兆個あると言われ、毎日たえず生まれ変わっていく「新陳代謝」を繰り返しています。この新陳代謝が良いと細胞がスムーズに若返り、疲労解消の手助けをしてくれます。

 

脂肪を分解してくれる

睡眠をしっかりととることで、成長ホルモンが多く分泌され、脂肪をある程度分解してくれる働きを持っています。その量は何と、一晩に約300カロリーと言われています。300カロリーと言えばご飯1杯分以上、パンなら2枚分に相当します。

 

このように、正しい睡眠をすると、新陳代謝を促して健康をサポートし、ダイエット効果も少なからずあると言うことがわかります。

 

では次から正しい睡眠法とはどんなものなのか説明していきたいと思います。

 

 

正しい(質の良い)睡眠とは一体何か?

睡眠 ベッド

 

一言で正しい(質の良い)睡眠と言っても大雑把すぎて何をして良いのかわからないかと思われます。ここで言う正しい(質の良い)睡眠法とは「3・3・7睡眠法」と言われるやり方です。それでは具体的に説明していきます。

 

 

まずはじめの「3」とは、「寝始めの3時間は目覚めないように眠る」

これが一番重要なところで、大人の睡眠は寝始めた3時間が最も深い眠りになると言われています。その後、少しずつ眠りが浅くなり、再度眠りが深くなっていく眠りの流れになっています。

 

眠りが深いと言うことは、それだけ成長ホルモンが多く分泌されている時になるので、健康をサポートする上で一番重要な睡眠の時間帯です。

 

 

次の「3」とは「夜中の3時には寝ているようにする」

成長ホルモンが活発に働く時間帯は夜の10時〜深夜2時までと言われています。それまでには布団に入ってぐっすりと熟睡していなければいけないと言うことです。なので、3時までに寝るのではなく、3時までには熟睡しているようにすることです。

 

 

最後の「7」とは「1日の睡眠時間は7時間以上」

最低でも7時間以上は睡眠をとることが大切です。ただ、これは目安ですので例えば「私は6時間寝た方が頭がさえる!」と言う方はそれで構いませんし、「私は6時間半寝ればスムーズに起きられる!」と言う方はその時間帯で十分だと言えます。

 

できないと感じている方は?

ただ、この睡眠時間が7時間以上と言うのは難しいと感じている方も多いと思います。朝仕事で6時や7時には出かけなくてはいけない場合、起きる時間帯は5時、6時になってしまいます。

 

すると、逆算して7時間以上睡眠をとるとなると10時、11時には布団に入って就寝していなくてはなりません。

 

仕事や家事で忙しい方は10時や11時に就寝することは難しいと思います。そのような場合は、1日の合計睡眠時間を7時間以上にしましょう!

 

例えば、主婦の方なら昼くらいに1時間休む。社会人の方はお昼休みを利用してなるべく7時間以上になるように努力しましょう!

 

無理してやると、ストレスが待ってしまったりプレッシャーがかかる恐れもあるので、できる範囲で構わないので実践していきましょう!

 

要チェック!

優先順位は最初の「3」、次の「3」、そして最後は「7」です。

 

 

質の良い睡眠時間をとるコツ!

正しい睡眠方法紹介 

 

  • 「この時間までに寝なければいけない!」と思うプレッシャー。
  • 「なかなか寝付けれない!」と言う不安。

 

これらの思いがストレスになってなかなか寝れないと言った状になってしまう方も少なくないと思います。そんな方に是非やってもらいたいことがあるのでチェックしていきましょう!

 

 

部屋を暗くする

部屋が明るいままだと深い睡眠がとりにくくなってしまいます。すると、成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまい、疲れが解消できなくなるなどの健康を保てなくなってしまいかねません。それに、眠気を誘う「メラトニン」も出にくくなることがあるため、部屋は必ず暗くして寝るようにしましょう!

 

 

就寝前のスマホやテレビなどはやめる!

スマホやパソコン、テレビなどの「ブルーライト」は強いエネルギーを持つ青色光が含まれており、目の奥までブルーライトの光が到達されると言われています。その結果、睡眠の妨げになってしまう恐れがあるので、就寝前のスマホやテレビは極力見ないことをおすすめします。

 

極力加湿器は置かないようにする

加湿器は一見、良いものに思えるかもしれませんが、定期的にお手入れしていない方は使用を控えた方が安全です。加湿器の中にはカビや微生物が繁殖してしまうからです。カビや微生物がたくさんいる加湿器を毎日吸っていると健康には良くないことはわかりますよね。なので、もし加湿器を使うのであればしっかりと定期的なお手入れをするように心がけましょう!

 

 

 

睡眠と同時にしたいのが食生活を見直すこと!

健康をサポートする「睡眠」に関して徹底解剖していきましたが、今度は食生活を見直すことも心がけなければいけません!

 

とは言っても、すぐには食生活を見直すことは難しいです。

 

何十種類もの野菜を摂ったり、バランスの良い食生活にするのも時間がかかるかと思います。それに、作る方のやる気も関係していきます。

 

食生活をすぐに見直したとしても結局は難しくて三日坊主になってしまうこともあり得ます。

 

では、どのようにすれば食生活を継続的に見直せるのか?

 

そこ答えは「健康補助サプリメント」がキーワードです。

 

 

健康補助サプリメントで食生活をサポートする!

健康補助サプリ 

 

バランスの摂れた食生活を毎日送ることは難しいです。数日、数週間程度であれば継続してストレスなく行えるのですが、それが数ヶ月続くとなると難しくなってきます。

 

そこで、簡単にストレスなく継続的に食生活をサポートできるのが、健康補助のサプリです。しかし、中には副作用が心配で手がつけれないと言う方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方は副作用がない健康補助サプリもあるので、そちらを選んで食生活をサポートすることができます。

 

とは言え、健康補助サプリの中でもその種類はたくさんあってどれを選べば良いのかわからない方も多いでしょう!

 

そこで当サイトでは、どの健康補助サプリが良いのか悩んでいる方に向けたサプリをご紹介しています。新鮮な野菜から抽出したものを使用している健康補助サプリがあるので、興味がある方は是非参考にしてみてください。

 

 

 

当サイトが厳選した健康補助サプリはこちら!