低体温(36.5度未満)だと免疫力が低下してしまう理由をご紹介!

理由を紹介 

 

健康管理をしていても、よく体調を崩しやすくなる方、よく風邪を引いてしまう方などいらっしゃると思います。

 

 

健康管理をしていると言っても、もしかしたら実際はしっかりとされていない方が多いのではないでしょうか?

 

 

特に健康管理と言ってもここでの体調管理は体の体温についてです。

 

 

ほとんどの方は体の温度について何ら疑問を持つことは少ないでしょう。疑問を持つと言えば体がえらくなって熱が出ることくらいだと思います。

 

 

しかし、この体の温度が「免疫力を低下させる要因」をつくってしまっている可能性もあると言われているのを知っていましたか?

 

 

よく風邪を引いたり体調を崩しやすくなっている方はもしかしたらこの体の体温が関係しているかもしれません!

 

特に低体温(平熱が36.5度未満)は要注意です。

 

 

そこで今回は、なぜ低体温(平熱が36.5度未満)の人が風邪や体調を崩しやすくなるのか(免疫力が低下しているのか)ご紹介していきます。

 

 

まず始めに知ってもらいたい免疫の話

免疫の話とは? 

 

まず最初に知ってもらいたいことが、免疫の話です。みなさんは免疫のことについて詳しくは知らないことだと思います。まずはこの免疫についてご紹介していきたいと思います。

 

 

「免疫」と言うのは体の外から侵入してくる細菌やウイルスなど、外敵から身も守ってくれる機能のことを言います。

 

 

人の体は免疫機能によって外から侵入してくる細菌やウイルスなどの病原体を体内でやっつけてくれています。

 

 

そのおかげで、風邪を引かなかったり体調が崩れなかったりと体を丈夫にしてくれます。

 

 

そんな免疫ですが、実際に体の中ではどんなことが起きているのでしょうか?詳しく説明していきます。

 

 

白血球が免疫機能を担当している!

白血球と言えば血液の中に入っている成分の一つです。この白血球により、外敵からのウイルスや毎日生まれてくるがん細胞を退治する免疫を担当しています。

 

もっと詳しく説明すると、白血球に含まれる「リンパ球」が外敵を退治してくれています。

 

と言うことは、白血球の力が強い(数が多い)とそれだけ外から侵入してくるウイルスや体内に潜むがん細胞をやっつけてくれる確率がグンっと高くなります。

 

 

免疫を担当するのが白血球だと言うことがわかったところで、次は低体温と白血球の関係性についてご紹介します。

 

 

低体温になると血液がドロドロになってしまい白血球の働きが低下

注意 

 

まず、低体温になってしまうとどのようなことが体の中で起きてしまうのかと言うと、体の中に隅々まで行き渡っている「血液」がドロドロになってしまいます(粘度が上昇)。

 

 

すると、体中に流れている血液が流れにくくなり、白血球が必要な時にそこまで到達できずになってしまうことが想定されます。白血球が必要な場所に到達できなければ、それだけ外敵から身を守る手段が少なくなってくるので、免疫力が低下し、細菌やウイルスなどに攻撃されやすくなってしまいます。

 

 

そのため、血液がドロドロの状態にならないためにも体温はしっかりと上げて、血液をドロドロにならない状況を作らなければなりません!

 

一般的に言われているのが、体温が1度下がることにより、免疫機能は約20〜30%下がると言うこと。

 

低体温になってしまうと、まずは白血球の働きが低下して免疫力の低下を引き起こしてしまう要因があると言われていること。

 

 

この次は血液の大部分を占める赤血球にも低体温と関係があると言うことをご紹介します。

 

 

体温が下がるとがん細胞が繁殖しやすい!?

驚き 

 

赤血球の働きは血液から体の隅々まで酸素を送り届ける役割を担っています。

 

 

しかし、低体温になってしまうと赤血球の働きが鈍くなり、酸素を体の隅々まで行き渡らしにくくなってしまいます。

 

 

酸素が行き渡りにくくなるとどのようなことが起きてしまうのか?

 

 

がん細胞が繁殖しやすくなると言われている!

 

 

がん細胞は正常な細胞とは違い、酸素なしでも増える細胞と言われています。そのため、赤血球が低下してもがん細胞は繁殖し続けられると言うことになります。

 

 

がん細胞にとっては酸素がやってこない低体温の環境の方が繁殖しやすいと言う訳です。

 

 

そもそも低体温って何度から?

何度から? 

 

ここまで低体温の話をしてきましたが、そもそも低体温って何度からが低体温なのでしょうか?

 

1957年では、日本人の平均体温は「36.9度」と言われていましたが、現在の平均体温は「36度〜36.5度」と言われています。

 

私の見解としては、低体温は36度以下の方を低体温と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

今では、平熱が35度くらいの方も今では珍しくないと思いますから。

 

 

ただ、理想としては平熱が36.5〜37度くらいは保っていたいところだと思います。そうでないと、体の機能が正常に働いてくれない可能性も出来てきますからね。

 

 

免疫力をアップさせるには温活が大切!

温活が大切 

 

低体温が免疫を下がると言うのであれば、体内温度を上げる努力をすれば免疫力もアップする可能性はあります。

 

 

そのためには、温度を上げる活動である「温活」が大切です!

 

 

では、どのような温活を行うと良いのでしょうか?

 

 

色々とまとめてみました!

 

 

おすすめの温活5つのポイント!

  • 体を温める食材をとる
  • 冷たすぎるものは食べない・飲まない
  • 首やお腹を冷やさない
  • お風呂は39度のお湯で20〜30分入る
  • 適度な運動を心がける

 

温活をすることで、白血球に含まれるリンパ球の数も多くなることが研究で判明されています。


温活でリンパ球が増加:引用元https://www.jstage.jst.go.jp/article/biomedres/27/1/27_1_45/_pdf

 

 

温活と同時に始めよう!免疫を補う食材を定期的に摂ること!

免疫 食材 

 

低体温を改善させるには温活をするのが一番です!

 

 

温活をすることで、免疫力をアップすることが期待できますからね!

 

 

でも、それと同時に免疫を補う食材も定期的に摂取することも大切です。体を温める食材も大事ですが、免疫を補う食材も同時にとる方が望ましいです。

 

 

免疫を補う食材は探せば結構たくさん見つかるはずですが例えば、にんにくや生姜あたりも良い食材だと思います。

 

 

直接的でなくてもヨーグルトやきな粉など間接的に免疫を補うのに一役買っている食材も良いですね。

 

 

食材を毎日摂るのが難しいのであればサプリメントがおすすめ!

ブロリコサプリメント 

 

免疫を補う食材を毎日摂るとなると結構苦労が出てくるかと思います。毎回食材をスーパーや八百屋さんに行って買ってこなければならない。献立を考えるのが一苦労。など、人によってはもっと苦労することもあるかと思います。

 

 

そんな時におすすめしたいのが、サプリメントです。サプリメントと聞くと「ちょっと危ない。」「副作用がちょっと・・・。」など抵抗する方も多いと思います。

 

 

確かに私も最初の頃はそう思っていましたが、得体のしれない成分を使っているサプリメントではなく、新鮮な生の野菜を加工して作るサプリメントなので副作用の心配もありませんし、体に危ないと言うこともありません。

 

 

当サイトがおすすめする副作用の心配がないサプリメントはブロリコです!あまり聞いたことがないような名前のサプリメントだと思います。

 

 

でも、巷では人気が出ているサプリメントで、免疫を補えるサプリメントとして口コミが広まっています。

 

 

このブロリコは新鮮なブロッコリーを加工して摂れた希少な成分がサプリメントとして凝縮されています。気になった方はブロリコについて詳しく書いてある記事がございますので、そちらをご覧ください!

 

 

 

詳しいブロリコに関する記事はこちら!