ブロリコを研究したイマジングローバルケア株式会社とは?

代表取締役木下弘貴さんをはじめとするスタッフと共に世界にまだない製品を開発して世界中の人々を健康にすることを目的とした会社です。

 

その名もイマジングローバルケア株式会社

 

基本的な会社概要

  • 所在地:東京都港区六本木3丁目16番12号 六本木KSビル8F
  • 代表取締役:木下弘貴
  • 資本金:10,000,000円
  • 創業:平成18年6月

 

このイマジングローバルケア株式会社は2006年に創業し、画期的な機能性食品の開発から製造、そして販売までを一貫して行っています。
開発商品は主に「健康」を目的とする商品で、その中でもヒットした商品が7年もの歳月をかけて辿り着いた「ブロリコ」と言う機能性食品のサプリメントです。

 

このブロリコがきっかけで販売が大きく伸び、会社として大きく急成長しました。

 

平成29年には港区ワーク・ライフ・バランス推進企業や子育てサポート企業に認定されたり、第13回アンチエイジング学会などにも参加したりして、健康のために幅広く活動しています。

 

木下弘貴さんの経歴

経歴紹介 

 

1967年生まれの東京都出身。
早稲田大学政治経済学部を卒業し、三菱信託銀行に入社。3年間外国為替の法人営業に携わった後に退社して、父の経営する不動産会社を手伝います。

 

その後、調剤薬局を開設しますが、当時は医療や薬剤に関する知識が全くなかった頃、当初の調剤師から馬鹿にされたのがきっかけで東京大学の大学院医学系研究所に入り、結果的に保健学博士まで取得しました。

 

それも功を奏し1店舗だけだった会社が110店舗にまでチェーン展開する大きな会社へと遂げます。

 

しかし、慢性疾患に対する薬物療法に限界を感じたことから調剤薬局を辞め、2006年イマジン・グローバル・ケア株式会社を設立します。

 

そして、機能性食品であるブロリコ事業を始めとする健康事業に力を入れて、今もなおイマジングローバルケア株式会社の代表取締役として活躍しています。

 

木下弘貴さんとはどういう人物なのか?

銀行から調剤師と何事にもチャレンジする姿勢を持ち、時間を大切に使う人物だと言う事。

 

特に時間にこだわりを持っていて、無駄な時間にならないようにいつも効率化を目指して常に先のことを見据えて日々精進している、起業家として尊敬できる方です。

 

先ほども言ったように、医療分野を知識ゼロの状態から始め、薬局経営と大学院生の2足のわらじを履きながら、高いレベルで行動するのはなかなかできるものではありません。

 

そう言った本当に目的意識があるからこそできるものだと思っています。

 

木下さんは国内だけでなく、世界中の人々を健康にするといった大きなスケールで活動されている方は国内を探しても少ないと思います。

 

だからこそ、木下弘貴さんは尊敬できる人物だと言うことがわかります。

 

なぜブロリコ事業をはじめたのか?

疑問 

 

木下弘貴さんが実際に体験した話で、慢性疾患に対する薬物療法に限界を感じ、木下さん自ら調剤薬局事業を展開しました。

 

1店舗からはじまり全国的に展開していき、110店舗にまで拡大した大きな会社となりました。

 

その調剤薬局の大半をしめるのが慢性疾患の患者さんたちです。しかし、この慢性疾患の患者は高血圧や糖尿病、脂質異常症などで、薬を貰っても病気そのものを治すのではなく、あくまでも症状を軽減させる対症療法です。

 

根本的に病気に働きかけるには生活習慣を見直すことが重要になってきますが、安易に生活習慣を変えるには難しいです。

 

そこで、木下さんが着目したのが健康をサポートする「機能性食品」でした。

 

東京大学医学部大学院に入り画期的な機能性食品を開発!

機能性食品に着目した木下さんは東京大学医学部大学院に入り、そこで、新しい健康成分の開発に取り掛かりました。

 

研究には人間と体のつくりが似ているカイコを使い、何十種類もの実験を経てブロッコリーに辿り着いた訳です。

 

ブロッコリーには大変体に良いパワーが秘められていることがわかり、この研究によってブロッコリーに秘められた新たな成分を見つけ出すことに成功したのです!

 

それが、今で言う「ブロリコ」です。

 

このブロリコは医薬品ではなく、サプリメントの機能性食品として商品化されています。

 

イマジングローバルケア株式会社は信頼できるところなのか?

ブロリコの凄さはわかりましたが、それを製造しているイマジングローバルケア株式会社は本当に信頼できるところなのでしょうか?

 

いくら商品がすごいと言われても、蓋を開けてみるとブラックな企業だったと言うこともあり得ます。

 

では、これからイマジングローバルケア株式会社が本当に信頼できるところなのか色々とご紹介していきたいと思います。

 

納得の行く製造過程を実現している

製造過程 

 

ブロリコ事業に関する内容ですが、結果から言うと、納得いくまで妥協はしない会社だと言うことです。

 

ブロリコは特許技術を要する商品開発をしていますが、すぐにブロリコを違う工場で作れると言う訳ではありません。

 

専用の設備が必要になってくるのですが、イマジングローバルケア株式会社は全国各地を探し回るも、なかなか専用の設備が整いませんでした。

 

妥協をしてほぼ同じような設備のある工場でブロリコを製造するのかと思いきや、自社工場を設立してブロリコを製造しました。

 

それまでにかかった時間がなんと約7年間だそうです。

 

それまで試行錯誤しながら販売まで努力していたそうです。そう思うと、世界中の人々を健康にすると言う理念は一度もブレていないと思います。

 

しっかりと筋を通して会社をやっているのだなと感じました!

 

原料(ブロッコリー)のこだわりもスゴイ!

ブロリコを製造するための原料はブロッコリーを使います。そこから特殊な設備でブロッコリーに秘められたブロリコ成分を抽出するわけなのですが、そのブロッコリーにもイマジングローバルケア株式会社はこだわりを持っています。

 

ブロリコ成分を抽出するための必須条件が「水」と「鮮度」です。

 

良質な水でブロッコリーを育て上げ、鮮度があるうちにブロリコ成分を抽出しなければなりません。

 

しかし、イマジングローバルケア株式会社は朝摘みブロッコリーの鮮度を保ったまま送り、収穫から2日以内にブロリコ成分を抽出しています。

 

また、ブロリコをサプリメントにする際に発育する一般生菌数と言って食品の微生物汚染の程度を示す指標があるのですが、このブロリコは「1mlあたりゼロ」とほとんど安心できる値で毎回出荷されています。

 

ブロリコ事業以外にも社会貢献している!

社会貢献 

 

ブロリコ以外にも様々な社会貢献や受賞歴があり、大変素晴らしい会社となっています。

 

例えば、世界で活躍できる子供を育てること。

 

子供のころから英語の教育をすることによって、大人よりも早く英語が話せるようになります。子供の脳は発達段階で、色々な情報を吸収する能力に長けています。

 

イマジングローバルケア株式会社が発信する「イマジン・インターナショナル・プリスクール」では、自然に英語を受け入れられる環境を整えているスクールです。

 

これがイマジングローバルケア株式会社での一つの社会貢献です。

 

受賞歴に関しては、次の通りです。

 

三菱東京UFJ銀行の主催する「Rise Up Festa 2014」において、「先端医療・医薬品・医療機器部門」の最優秀賞を受賞しました。その際に審査員の方が印象に残ったのがイマジングローバルケア株式会社の理念である「世界中の人々を健康(幸せ)にしたい」と言う想いです。

 

世界的に社会貢献できる会社と言うのは非常に信頼できる会社だと私は思います。

 

ブロリコ事業は好調なのか?

好調なのか? 

 

現在、このブロリコは日本のみならず、アメリカや韓国など、国外にも拠点を増やし、世界中にブロリコの存在を認知してもらう努力を続けています。

 

イマジングローバルケア株式会社の理念である「世界にまだない製品で世界中の人々を健康にすること」にあるように、世界でまだまだ知らないブロリコの存在を知ってもらい、よりたくさんの人たちに健康になってもらうため、ブロリコを販売しています。

 

その結果、販売開始から約6年間で100万個と言う驚きの販売個数を達成することに成功しました。

 

これは、ただ知名度が上がっただけではなく、ブロリコを利用した方に有益なことがあったからだと思います。

 

そして、口コミを通じて人気が上がり、販売個数がどんどん右肩上がりになっていき、ブロリコは好調になったのだと思います。

 

 

また、好調の一つとして、このブロリコサプリメントは医薬品とは違い、機能性食品のため副作用はほとんどないのが魅力的です。

 

アガリクスやメカブフコダインよりも多くの元気パワーが補え、しかも手軽で簡単に取れると言うメリットもあるので、このブロリコは好調だと言えるのではないでしょうか!

 

 

ブロリコのことをもっと知りたいと思う方はコチラをご覧ください!

 

 

【ブロリコの効果】新成分!ブロッコリーで免疫力を高める