ヨーグルトは健康の維持にどれほどの力を発揮するのか?

ヨーグルト 

 

ヨーグルトと言えば乳酸菌やビフィズス菌が有名で、人の身体の健康の為には積極的に摂って行く事が言われており、様々な体質の改善や健康維持に効果を発揮すると言われております。

 

 

そこで具体的には人の身体にとってはどの様な効果が有り、どの様な影響を与えてくれるのか考えられている効果を基にして調べて見ましょう。

 

 

効果1:便秘の改善

便秘の改善 

 

先ず考えられる効果としては最も一般的に知られているのが便秘の改善です。

 

 

これはヨーグルトに非常に多く含まれている乳酸菌やビフィズス菌等の働きにより、腸内環境が改善される事により改善が図られます。

 

 

人の腸内には腸内細菌と呼ばれている、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と言われる3種類の細菌が生活しておりますが、これらの細菌の活動は日頃の食生活や生活環境、あるいはご自身が受けるストレス等によって変化してしまい、善玉菌と呼ばれる細菌の活動が悪くなった状態が腸内環境の悪化と言われる状態です。

 

 

善玉菌の活動を活発にするには善玉菌のエサを継続的に補給してあげる事が必要になって来ます。そこでヨーグルトに多く含まれる乳酸菌やビフィズス菌が活躍します。乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌のエサになり善玉菌を元気にしてくれます。結果として腸内環境の改善に繋げる事が出来ます。

 

 

腸内環境が改善されてくると、腸が本来持つ機能が回復してきます。便秘の原因は便に含まれる水分量の調整がうまく機能しない為に起こりますので、この腸内環境の改善によって、便の水分量が適切な量になり便秘の改善が図れます。

 

 

効果2:美肌改善

美肌 

 

次に考えられる効果としては美肌効果が挙げられます。

 

 

美肌と言うと肌荒れや乾燥肌、くすみや黒ずみ等が有り、一般的には紫外線等の外的要因で起こる場合が多いと考えられておりますが、腸内環境の悪化の様な内的要因で起こる場合も有ります。

 

 

これは腸内環境の悪化により便秘を起こしたりする事によって、その影響がお肌に現れる場合が有る為です。この内因要因を改善する為にヨーグルトを食べ悪化した腸内環境を改善する事が有効な手段なのですが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌だけでは美肌効果を得るのには不足している為、ヨーグルトに含まれていない食物繊維を合わせて摂る事がお薦めとなります。

 

 

食物繊維をヨーグルトと合わせて摂る事で整腸効果を高める事が出来、腸内等に溜まった老廃物のデトックス効果を上げると共に、美肌にも繋がって行きます。食物繊維の摂り方は至ってシンプルで、果物と一緒に食べたり、市販されているドライフルーツと一緒に食べたり、果物等と一緒にミキサーにかけても良いと考えます。

 

 

効果3:生活習慣病予防

生活習慣病予防 

 

次に考えられる効果は生活習慣病の改善効果です。

 

 

生活習慣病は日々の食事の内容や生活習慣の悪化等が原因で引き起こされる物で、食事で言えば脂質の多い肉類や脂っこい物が好きな人、アルコール類をたくさん飲む人等が陥りやすい病気です。

 

 

この生活習慣病の代表格としては、高血圧、脂質異常、糖尿病、肥満等が挙げられ、4大生活習慣病の症状で有るとされております。

 

 

この様な症状をお持ちの方にもヨーグルトに含まれる成分が有効で改善の効果が得られます。これはヨーグルトに含まれているプロバイオティクス細菌と言われる菌がコレステロール値を下げる効果が有ります。コレステロールにも善玉コレステロールと悪玉コレステロールがありますが、このプロバイオティクス細菌は悪玉コレステロール値の低減を図る事が出来ます。

 

 

悪玉コレステロールは血液中のコレステロールを体外に排出する働きを持たないコレステロールである為、これが増加してしまう事で体内の総コレステロール値の上昇を招いてしまい、生活習慣病を引き起こしてしまいます。

 

 

更にヨーグルトにはビタミンKやカルシウム、マグネシウム等の身体に良いとされる栄養素がふんだんに含まれている為、健康的な身体作りには欠かす事の出来ない食べ物であると言えます。

 

 

また、腸内環境を整えることで免疫アップの鍵となる可能性も秘めているため、是非、日常の食事の中にヨーグルトを入れて見ては如何でしょう。